>  > 感激という言葉が自然と出た

感激という言葉が自然と出た

感激。その言葉が自然と出てくるかのような風俗嬢のYちゃんは実際の所かなり良かったんですよね。何が素晴らしいのかといえば、彼女の風俗嬢としての向上心でしょうか。こちらを満足させたい。直接言葉として聞いた訳ではないものの、そんな決意のようなものを彼女から物凄く感じることが出来ました。その思いがこちらにしっかりとぶつけられるんです。鬼気迫るというか、彼女はもっともっと実力を破棄従っていたんじゃないかなとさえ思いました。それだけに、彼女との時間はもう少し長い方がより満足出来たんじゃないかなって思っています。初めての子だったので50分にしたんです。リスクヘッジというか、どんな女の子なのか分からないのに長時間っていうのはさすがに抵抗がありますが、良い子だったので次はもっと長めの時間で楽しみたいものですね。きっとですが、次のプレイはもっと素晴らしいものになるんじゃないかなという予感がヒシヒシと伝わってきたんですよね。

無自覚とは彼女のことなのかも

無自覚なんでしょうね、きっと。彼女、風俗嬢としては純粋というか、きっと狙ってやっていたらもっとわざとらしいものになっていたと思うですよ。例えばちらっと下着が見えたりとか、おっぱいを押し付けてきたり。でも彼女、それを狙っている節はないんですよね。それが彼女の魅力なのかもしれません。だからか、突っ込んでよいのかどうか分からないというか、ドキドキさせられました。気心が知れている常連の風俗嬢であれば突っ込めたと思うんです。でもまだそこまでの信頼関係が出来ていなかったので、彼女のそれが無自覚なのか突っ込み待ちなのか定かではなく、結局何も触れずにふつうに楽しんでいたような気がしますよね。風俗嬢にもいろんなタイプがいるってことくらいは分かっていますけど、さすがにそこまで無自覚な風俗嬢は記憶にないので物凄く新鮮でした。でもそれがまた面白かったので、またいずれ彼女との時間を作って指名させてもらいたいって思っています。

[ 2016-11-27 ]

カテゴリ: 風俗体験談